台湾で軍事演習に遭遇!?翻訳機イリーとの海外旅行で人々の優しさに触れた

瞬間オフライン翻訳機ili(イリー)を持って実際に海外旅行に行った人は、イリーをどのように感じたのでしょうか?

今回、モニターに参加いただいたチヒロさんは、先日イリーを持って台湾旅行を体験されました。海外で実際にイリーを使った方の生の声を皆さんにお届けします!

関わった人たちが皆優しかった

―イリーを持って出発した台湾旅行の感想をお聞かせ下さい。

今回の台湾旅行は、『台湾の日常をのぞく旅』と題し、台湾の人々の暮らしやごはんを知り、楽しむことが出来ました。

道中では、沢山の方々の優しさに触れました。

初日に出先からホテルに戻ろうとした時、地下鉄に乗ったのですが、乗っているうちに不安になって、電車内で近くにいた人に、「このホテルに帰りたいんですけど、合っていますか?」と声をかけたら、「駅まで一緒だから、私についてくれば大丈夫」という感じに伝えてくれて、とても助かりました。

降りた後も、ホテルに一番近い出口を一生懸命探してくれたり、ホテルに電話してくれたり…わざわざそこまで親切にしてくれたことに感激しましたね。

また、『華山1914文創園区』という、酒工場の跡地をリノベーションした施設に行った時に、ちまきを食べてる家族にイリーで聞いたら「ひとくち食べてみなよ!」みたいな感じで、ちまきをぐいぐいスプーンで差し出されました。一瞬大丈夫かなあ、と思ったんですけど(笑)信頼出来る感じの方だったので頂いたら、その方からパンとライチも頂いてしまいました。

とにかく旅先で関わった人たちが皆優しくて、毎日泣きそうになるほど心温まる旅行になりました。

イリーは会話の火付け役としても便利

―ご旅行中に、実際にイリーを使ってみた感想を教えて下さい。

イリーの翻訳スピードの早さが、使ってみて一番凄いと感じた点です。

スマホで翻訳をする場合、入力する手間や電波状況によってタイムロスがありますが、イリーはそれが全くなく、そのまま会話をしている時のようなスピードで翻訳が出来たのは驚きでした。時間のロスが無い分、相手もイリーを違和感なく受け止めてくれました。

おすすめのお店を聞く時など、はじめましての人とコミュニケーションを取る時に、イリーがあると場が盛り上がるので、会話の火付け役として使うと、相手との距離を一気に縮められると思います。

―今回の旅行で、何か困ったことやトラブル等はありましたか?

旅行最終日、フライトまで少し時間があったので、ゲストハウスから外に遊びに行っていたのですが、帰るためにゲストハウスに戻った頃、急に街中にサイレンが鳴り出しました。

どうやら、その日は軍事訓練があったらしく、街中から車も人も居なくなってしまい、ゲストハウスからタクシーで空港へ向かうことが出来なくなってしまい、ちょっとしたパニックになってしまいました。

そんな時、ホテルの方にイリーを使って現在の状況と、空港に行きたい旨を伝えたところ、これが軍事訓練であるという説明と、30分後に終わるのでその後にタクシーを呼ぶということを伝えてもらい、非常に助かりました。

英語の通じない国は意外と多い

―これまでの旅行経験で、言葉の問題で困ったことはありますか?

これまで海外旅行には5、6回行ったことがあるのですが、以前、新婚旅行でスペインに行った時に、現地の方々に本当に英語が通じなくてびっくりしました。

わたしは英語があまり得意ではありませんが、簡単な旅行英語であればなんとなく喋れるので大丈夫ではないかと思っていたのですが、スペインでは基本スペイン語か一部でのフランス語しか通じずに困ることがありました。

新婚旅行だったので、空港からホテルへの送迎用に素敵な車を用意していたのですが、その運転手さんも英語が全然喋れずに、不安になったのを覚えています。

―あなたが海外旅行に持っていくマストアイテムを教えて下さい。

わたしはアロマオイルが好きなので、海外旅行先にもお気に入りのものを持っていくのですが、スプレータイプの物は飛行機に乗せられないので、持っていける形の物を選んでいます。

旅行で新しい環境に行くことは好きですが、環境に馴染むまではどうしても緊張してしまうので、こういった普段の生活と変わらないものを持っていくようにしています。

知らない世界を見ることが出来ないのは勿体無い

―これから海外旅行を計画している人にメッセージをお願いします。

5年前に一人でフィンランドに行ったことがあるのですが、久しぶりに友達と会うと、未だにその時のことを言われることがあります。

それくらい、海外旅行はインパクトの大きい出来事に思われがちですが、実際に行ってみればなんとかなるし、行かないことで自分の知らない世界を見ることが出来ないのは勿体無いことのように感じます。

台湾のような近場であれば、時間もそれほど気にせずに行けるので、興味のある方は是非、海外旅行に行ってみてほしいです。

わたしの次の海外旅行は、パリに行きたいです。初めての海外旅行はパリだったのですが、その時は有名な観光地を中心に巡っていたので、今度は観光地ではない部分のパリを巡ってみたいです。

ブロガー:チヒロ(かもめと街)

浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人暮らし。30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお届けする「かもめと街」を運営。月間約2,5万PV。下町さんぽ、喫茶店、カルチャーが大好き。長野県庁主催「ときどきナガノ(2017)」選出。twitterは@kamometomachi

文・構成 Andrew Sakurai(team ili)

気に入ったらシェア!