ili(イリー)のリピート機能を使ってもう1回翻訳結果を再生する。(動画あり)

イリーには、「リピート機能」という翻訳結果をもう1度再生してくれる機能があります。この機能を使うことで、とってもスムーズに伝えることができ、色々なシーンで活躍します。

操作は非常に簡単で、メインボタンを1回短く押すだけ。1つ前に翻訳したフレーズを、再度再生してくれます!

どんな時に役に立つ?

「翻訳が相手に伝わらない」

その時は「リピート機能」や「認識再生機能」を使ってみることをお勧めします。

日本人同士の会話でも「え?ごめん、何って言ったの?」というケースありませんか?人間同士でもこんなシーンが起こるわけですから、イリーを使っていても起こりえるのです。

例えば、街中でイリーを使用する時には、翻訳がちゃんとできていても周囲がうるさくて相手が聞き取りにくい時もあるかもしれません!

そもそも、1回では聞き取れなくて「もう1回お願い!」みたいなジェスチャーされたら、また翻訳しなくちゃ・・・ってなりますよね。

そんな時こそこれ。

リピート機能です。

使い方は本当に簡単!

真ん中のメインボタンを短く1回押すだけ。

言語を切り替えたり、電源のオン・オフ、イリーのアップデート後は履歴が消えますのでリピート機能が使えません!

実際に、ロンドンの街で試してもらいましたので動画をチェックしてみてください!

アキラ
撮影協力:Vlogger アキラ
ロンドン在住。海外旅行が大好きで、動画や写真を世界中で撮影している。ブログ、YouTubeにてコンテンツを配信中。

Blog
Twitter
YouTube

気に入ったらシェア!