フライト時のストレスを軽減!飛行機内に持ち込むと役に立つグッズ5選

海外旅行はとても楽しいですが、気になるのは機内での時間の過ごし方。映画を見たり、食事を楽しむことも出来ますが、長時間のフライトではどうしても疲れが溜まってしまいますよね。

機内でうまく時間を過ごすことが出来ないと、現地に着いた瞬間から疲れてしまい、体調を壊してその後の旅行にも響いてしまうかもしれません。

今回は、皆さんが旅行先での貴重な時間を無駄にしてしまうことがないように、機内を快適に過ごすために持ち込むと役に立つグッズご紹介します!

機内の湿気は砂漠級!?マスクで保湿しよう

機内では、湿度は20%以下まで低下します。これは、平均湿度が20%~25%と言われる砂漠を下回る数値です。

そのため脱水症状にならないように、多めの水分を取るように心がける必要がありますが、同時に重要なのは機内での乾燥対策です。

そんな時は、マスクがあると便利でしょう。マスクには保湿効果があるので、肌の乾燥を抑えてくれる役割があります。

また、マスクは感染症予防にも効果があるので、狭い空間で人間が密集する機内ではマスクが役に立ちます。

アイマスクで眼のストレスを軽減しよう!

機内では同じ姿勢を取る必要があり、体力的にも疲れてしまいがち。直時間のフライトでは目をつぶって休まりたい時や、眠りにつきたい時もありますよね。

そんな時は、アイマスクがあると便利です。

アイマスクは、機内の明かりから視界を遮ってくれるので、目へのストレスをやわらげることで、リラックス効果が期待出来ます。

耳栓でノイズをカット+気圧から身体を守ろう!

機内は騒がしい空間です。一度音が気になると、フライト中はずっと気になってしまいますよね。

そんなときは、耳栓があると役に立ちます。おすすめは「フランジタイプ」と呼ばれる形状の耳栓。機内での利用を目的としてデザインされた耳栓が各メーカーから発売されています。

また、航空機向けの耳栓は、離着陸時の急速な気圧の変化による「航空性中耳炎」という症状から身を守ってくれる役割もあります。せっかくの海外旅行ですから、移動中に身体を壊してしまうのは避けたいですよね!

首の痛みから解放!トラベル用の枕

機内で睡眠を取るのは重要です。しかし、ついうっかり不自然な姿勢で寝てしまうと、身体を痛めてしまう可能性があります。

そんな時は、機内にトラベル用の枕を持ち込むことがおすすめです。ドーナツ型のネックピローが有名ですが、現在では様々な形状の枕が販売されています。

中には機内に持ち込みやすいよう、エアクッション型のネックピローもあります。ご自身の用途にあったものを持ち込んで使ってみましょう。

困った時も安心!何処でも確実に使えるオフライン翻訳機

乗客同士のいざこざや、定員超過、Uターン…近年、航空機内でのトラブルがよくニュースになっています。もし突然自分が何らかのトラブルに巻き込まれたら、と思うと不安ですよね。

機内で乗務員に何かを頼みたい時や、困ったことがある場合に、どのように相手に伝えるかは重要です。

運良く日本語の対応が出来る乗務員が見つかると良いですが、見つからなかった場合や乗り合わせていない場合に、英語での意思疎通がニガテだと困ってしまいますよね。

そんな時、瞬間翻訳機イリー(ili)があれば、スマートに相手に意図を伝えることが出来ます。

しかも、イリーはインターネット接続の必要がないオフライン翻訳機。機内でWi-Fi等の余計な設定をする必要がなく、困った時に即座に使うことが出来ます。

いかがでしたか?

マスクは機内での保湿に便利ですが、このマスクはやめておいたほうがいいでしょう

機内で上手に時間を過ごして、旅先で思いっきり楽しみましょう!

なお、機内に持ち込める荷物には詳細な制限があるので、渡航前に一度ご利用になる航空会社のページをお調べになってくださいね!

お土産などで買った思わぬものが引っかかってしまうケースもあるので、特に液体物の持ち込みには要注意です。せっかく買った品物が没収されてしまったら悲しいですからね。

それでは、楽しい海外旅行をお過ごしください!

気に入ったらシェア!