CATEGORY ニュース

ニュース

WRSに行ってきました!物販スペースで夢の翻訳機ドラえもんイリーが販売!

スマートフォンの登場や、お掃除ロボット、自動運転技術…これまでテレビやアニメの中のものだったSFの世界のような製品が、技術の進歩によって少しずつ現実の社会で実現され、身近なものになってきています。 そのなかでも、最新技術の結晶であるのが「ロボット」。そして、世界中のロボット技術の叡智が一堂に会するイベントが「World Robot Summit(WRS)」です。今回、我々ログバーチームはWRSに行ってきました! World Robot Summit (WRS) 2018とは? World Robot Summit(総称:WRS)は、人間とロボットが共生し協働する世界の実現を念頭に、世界のロボットの叡智を集めて開催する競演会です。 WRSは、ロボットの活躍が期待されるさまざまな分野において、世界中から集結したチームがロボットの技術やアイディアを競う競技会「World Robot Challenge(WRC)」と、ロボット活用の現在と未来の姿を発信する展示会「World Robot Expo(WRE)」とで構成されています。 World Robot Summit ホームページより WRS 2018は、2020年に開催される本大会前のプレ大会という位置付けで、10月17日~10月21日に東京ビッグサイトで開催されました。 展示会会場:World Robot Expoに行ってみよう 出展者用入口にはドラえもんの姿が。スモールライトを持っていますね! ドラえもんは、World Robot Summitのサポートキャラクターを努めています。そのため、会場内の各地にはさまざまなひみつ道具を持ったドラえもんが展示されていました。 ブース内では、様々な企業がロボット技術を活用した展示を行っていました。 先進技術を利用した未来の二輪車のコンセプトモデルや、舞踊をするロボットなど、個性的かつバリュエーション豊かな展示が行われていました。 競技会:World Robot Challengeの会場へ! WRC会場では、ものづくり、サービス、インフラ・災害対応、ジュニアの4つのカテゴリーで計9つのロボット競技が実施。取材当日も各地で競技が行われていました。 開催競技は様々なものがあり、ユニークものでは、未来のコンビニエンスストアのためのトイレ掃除(フューチャーコンビニエンスストアチャレンジ)などがありました。 日々働いている私たちの負担を減らすのにも、ロボットの技術を活用することが期待されているんですね。 WRCの会場内を歩いていたら、アンキパンを持っているドラえもんに遭遇しました。こちらも早く実現してほしい! 物販スペースには、未来の翻訳機イリーが! WRC会場の近くにはショップコーナーが。せっかくなので少し立ち寄ってみましょう! ここには、ひみつ道具「ほんやくコンニャク」を持ったドラえもんがいました。 食べるだけでどんな言葉でも通じるようになる「ほんやくコンニャク」は、人気のひみつ道具ですよね。 店内ではドラえもん関連のグッズがずらり。Tシャツやトートバックなど、WRS限定の商品も販売されていましたが、その中に… 実は、弊社の翻訳機イリーも販売されています!しかもWRS限定の、ドラえもんパッケージのイリーです。 軽さ42gでありながら、最速0.2秒、インターネット接続不要のイリーは、まさしく未来の翻訳機。 海外旅行に持っていく欠かせないアイテムとして、是非イリーのご購入を検討ください!

ニュース

全国のヨドバシカメラで翻訳機イリー販売中!新宿西口本店の売り場に行ってきました

全国23箇所に店舗を構える有名家電量販店、ヨドバシカメラ。 そんなヨドバシカメラの各店舗、およびECサイトヨドバシ.comにて、今年の8月末からiliの取り扱いが開始しているのを、皆さんはご存知でしょうか?(ili取扱店舗に関する詳細はこちらのページをご覧ください。) 今回は、『ヨドバシカメラ 新宿西口本店』にiliチームがお邪魔して、実際のili売り場の様子をお伝えするとともに、売り場担当者である小林さんにインタビューを行ってきました! ヨドバシカメラ 新宿西口本店に到着! ヨドバシカメラは、新宿エリアに複数店舗がありますが、特に本店がある新宿西口周辺には、ヨドバシカメラの様々な専門館がずらりと並んでいます。ここに来れば、お目当ての商品がきっと見つかりそうですね。 翻訳機イリーは、新宿西口本店マルチメディア館南館の2階、電子辞書コーナーで販売されています。早速売り場を覗いてみましょう! 早速イリー売り場をチェック! 南館の階段を登ってすぐの翻訳機コーナーの中に、イリーのディスプレイが展示してあります。 売り場担当者の方にインタビュー! ―翻訳機は、現在様々な会社から販売されていますが、お客様からの関心も高いですか? 小林さん: お客様の関心は非常に高いと思います。 私は電子辞書コーナーの担当ですが、一日のお問い合わせ量は電子辞書全般よりも翻訳機全般のほうが多いほどです。 ―イリーの販売にあたって、お客様から何か反響はございましたか? 小林さん: なんと言ってもオフラインで翻訳をしてくれるので、電波を気にせずに使う事が出来る所が魅力的というご意見を多く頂きます。 また、他社製品全般と異なりイリーだけが片方向翻訳であるため、「双方向じゃなくて大丈夫なの?」と質問されることが多いです。 双方向翻訳となると、相手にも操作方法をある程度理解してもらう必要があるため、スピーディーに旅行を楽しみたいというお客様にはイリーをおすすめしています。 ―ありがとうございました。 iliは、全国にあるヨドバシカメラのili取り扱い店舗や、ヨドバシ.comにて大好評発売中です。(ili取扱店舗に関する詳細はこちらのページをご覧ください。) また、イリーは、全国の販売店舗や、ili公式オンラインショップでも購入が可能となっております。 旅のお供に便利な翻訳機イリーのご購入を、ぜひご検討ください!

ニュース

『梅田 蔦屋書店』にてシュッフーすずみさんを招いた翻訳機イリーのイベントを開催!

瞬間オフライン翻訳機ili(イリー)は、9月16日~9月17日の二日間、『梅田 蔦屋書店』にて実演販売士のシュッフーすずみさんを招いたイベントを行いました。 当日は、弊社外国人スタッフが英会話講師役に扮し、シュッフーすずみさんと通販番組風の掛け合いを行い、『梅田 蔦屋書店』に訪れたお客様に楽しくイリーを体験していただきました。 イベントはおかげさまで大盛況!当日立ち寄られたお客様の中には、テレビCMでイリーを既にご存知の方や、イリーを既にご購入されている方もいらっしゃいました。 シュッフーすずみさん、『梅田 蔦屋書店』のスタッフの皆さん、ありがとうございました!

ニュース

『メンズノンノ』9月号に翻訳機iliが紹介されました

20代男性を中心に、幅広い層に人気のファッション雑誌メンズノンノ。 その中の「注目ガジェット研究所」というコーナーにて、翻訳機イリーが掲載されました! こちらのコーナーは、今注目のガジェットを、メンズノンノモデルの方々が紹介するといった内容になっています。 「インターネットを必要とせず、ボタンひとつで使える快適な操作性は旅の味方に。42gのコンパクトなデザインもうれしい」(岩上)。 インターネット接続無しで、シンプルな操作性という、イリーの特徴を捉えたご紹介をしていただき、ありがとうございます!

ニュース

翻訳機「ili PRO(イリープロ)」の導入と今後の可能性について

接客向けに特化した新型オフライン翻訳機「ili PRO(イリープロ)」並びに、外国人旅行者へのインバウンド対策を行う事業者向けの多言語支援サービス「 ili インバウンド」を2018年7月31日よりスタートいたしました。 個人販売用「ili(イリー)」の使いやすさをそのままに、第2世代翻訳エンジンと接客分野の精度と翻訳範囲を強化。特定分野に縛られない一般会話全体の翻訳カバー率がオンライン翻訳並に進化し、さらに柔軟に接客で利用できるようオリジナルカスタマイズが可能になりました。 同サービスローンチに当たり、導入企業/パートナー企業よりコメントをいただきましたのでご紹介いたします。

ニュース

接客用オフライン翻訳機「ili PRO」(イリー プロ)の販売受付開始!

接客専用の新型オフライン翻訳機「ili PRO(イリー プロ)」を含むインバウド事業者向け多言語支援サービス「ili(イリー)インバウンド」の提供を2018年7月31日(火)より開始いたします。 詳細URL :  https://iamili.com/ja/inbound/ 資料ダウンロード(無料):https://iamili.com/ja/inbound/#form 訪日外国人旅行者の増加により、インバウンド事業者から ”接客用で使える翻訳機はないか?”というお問い合わせを多数いただいており、1年前より本格的に接客に特化した事業者向けの翻訳機の開発を進めていました。 「完全オフライン」「最速0.2秒の翻訳」という機能を残しながら、接客向けに翻訳精度を大幅に向上させ、接客で使用する「オリジナル辞書」、エリアの固有名詞に特化した「エリア辞書」、お客様よりニーズが多かった「ショートカット機能」を搭載し、接客の現場で使える翻訳機を完成させました。

ニュース

『開催まであと2年!東京2020オリンピックカウントダウンイベント』に参加しました

2018年7月24日。2020年東京オリンピック開催まであと2年に迫ったこの日に、東京スカイツリータウンにて『開催まであと2年!東京2020オリンピックカウントダウンイベント』が開催されました。 カウントダウンイベント会場へ! イベント会場は東京スカイツリータウン4階のスカイアリーナ。 到着して早々、ボランティア募集のパンフレットを貰いました。 ボランティアの応募は今年の9月中旬から始まるとのこと。参加すれば忘れられない思い出になりそうですね。 『東京2020オリンピックカウントダウンイベント』は、午後14時からの開催でしたが、開催時刻から現地は既にかなりの大盛況。この夏の暑さにも負けない熱気に満ちあふれていました。 皆さんのオリンピックへの期待と興味が伺えますね…! 翻訳機体験が出来るボランティアブースの様子 今回、イリーはボランティアブースに参加。 東京オリンピックにボランティアで参加する方々が、外国のお客様と意思疎通を図るためのツールとして、翻訳ツールは注目されています。 ブース内では、翻訳機を利用して外国人スタッフと話す体験コーナーが設けられており、来場者の方は利用方法の説明を受けながら、ボランティアの場面で想定されるシーンで翻訳機を使いコミュニケーションを図ります。 皆様のおかげで、ブース内は大盛況! 多くの来場者の方々にイリーを体験して頂くことが出来ました。 他にも、イベント会場では協賛企業のブースや、オリンピックの競技体験が行えるブースが多数出展。 特設ステージでは、アスリートやタレントの方々のトークイベントや、東京以外で開催を行う競技の開催地の県知事の方が登壇されてスピーチを行っていました。 イベント中は、会場各地をマスコットやゆるキャラが歩いており、子どもたちが大喜びしていたのも印象的でした。 19時には、有名アスリートの方々や、つい先日名前が決まったばかりのミライトワとソメイティが登壇するカウントダウンセレモニーが行われました。 カウントダウンセレモニー開催時は、イベントステージを後ろから見ることが出来ないほどの大熱狂!現地は大変な賑わいを見せていました。 セレモニーの最後には、スカイツリーに特別なライトアップが行われ、イベントは大盛況のうちに幕を閉じました!

ニュース

『LaLa Begin 8・9月号』に翻訳機iliの情報が掲載されました

“モノ好き”女子の「ほしい!」が見つかる「GOOD LIFE BIBLE」、『LaLa Begin 8・9月号』(発行:世界文化社)に翻訳機ili(イリー)の情報が掲載されました! 発行元による雑誌の概要: 女性が読むべき男性誌? いや、男性が読むべき女性誌? 違うな、ちょっとこだわり派の女性が読むべきモノ&ファッション女性誌、として 4年目を迎えたLaLa Beginです。 男性向けモノ情報誌「Begin」から生まれたLaLa Beginですが、 「今までなかった!」とおかげさまでなかなか好評いただいてます。 前号より隔月での刊行が決まり、みなさんと定期的にお会いできることになりました。 靴、カバン、時計、ファッション、インテリア、アウトドア、雑貨、食、etc. これからも楽しくタメになる、ウンタメ系女性誌を目指していきますので、 よろしくお願いいたします!

ニュース

絶対に圏外にならない翻訳機「ili(イリー)」が近畿日本ツーリスト7店舗で取次販売スタート!

株式会社ログバー(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:吉田 卓郎、以下、ログバー)が開発するオフライン翻訳機「ili(イリー)」を2018年7月10日(火)より、株式会社近畿日本ツーリスト新宿旅行サロンをはじめとする首都圏7店舗で取次販売を開始します。 シンプルで使いやすい「ili(イリ―)」は海外旅行の必需品。 手のひらサイズの翻訳機を近畿日本ツーリストの店舗で体験できます。イリーを使って楽しめる旅行のご相談は旅行カウンターで。購入のご案内もお渡しいたします。 ※ご購入はスマートフォンよりお申し込みください。本体は後日お届けとなります。 詳細はこちら。

ニュース

都心部を中心に郵便局48局にてオフライン音声翻訳機 ili (イリー)の販売がスタート!(2018年7月6日~)

​株式会社ログバー(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:吉田 卓郎、以下、ログバー)が開発するオフライン音声翻訳機 ili(イリー)が、東京・大阪・京都・福岡・沖縄など48の郵便局の店頭でイリーの体験、販売をスタートします。絶対に圏外にならない翻訳機をぜひお試しください! 翻訳にネット環境を必要としないので、どの郵便局でも同じ体験を行うことができます。 詳細はこちら。