使い方

アプリとはここが違う!瞬間オフライン音声翻訳機の特徴をまとめた動画がこちら。

現在、世界では様々な翻訳ツールが生まれています。その中で一番大きな違いが「インターネット環境の有無」です。 トラベルグッズとして使える翻訳機を目指し、旅行フレーズに特化したili(イリー)はネット環境がない状況下でも素早く翻訳ができるように最適化をしてきました! では実際に「ili(イリー)」と翻訳アプリの違いについて解説していきたいと思います。2人の女の子が、イリーと翻訳アプリをそれぞれ使ってチャレンジしていきます! イリーは「スタンドアローンの翻訳機」なので、翻訳したいときに翻訳が素早くできる設計になっています。イリーを使っている女の子はすぐに準備ができましたが、翻訳アプリの場合スマートホンのロックを解除して、アプリを探して、起動して・・・。 「今使いたい!」というときに、サッと出してサッと使えるから、海外旅行時にとっても便利! もちろん翻訳スピードにもこだわりが。インターネット環境に依存しないので、いつでもどこでも安定したスピードで翻訳してくれます。 最速0.2秒! イリーは最速の翻訳機です! イリーは使う場所を問いません。ボタンを押すだけで、色違いの帽子を試着できたり、海の上でももちろん使えます。翻訳するたびに何回もスマホを出し入れする必要がないので、本当に使いたいときにサッと使える瞬間オフライン音声翻訳機なんです! いかかでしたか?   イリーと翻訳アプリの違いをご理解いただけたでしょうか? 最も現状の技術レベルでは、全てを網羅した完璧な翻訳ツールなどは存在せず、各製品・ソフトの特性によって得意、不得意な場面があるのが現状です。 その中で、お客様には是非目的に応じた翻訳ツールをお選び頂き、より最適なサービスをお使いいただければと思います!

ニュース

WRSに行ってきました!物販スペースで夢の翻訳機ドラえもんイリーが販売!

スマートフォンの登場や、お掃除ロボット、自動運転技術…これまでテレビやアニメの中のものだったSFの世界のような製品が、技術の進歩によって少しずつ現実の社会で実現され、身近なものになってきています。 そのなかでも、最新技術の結晶であるのが「ロボット」。そして、世界中のロボット技術の叡智が一堂に会するイベントが「World Robot Summit(WRS)」です。今回、我々ログバーチームはWRSに行ってきました! World Robot Summit (WRS) 2018とは? World Robot Summit(総称:WRS)は、人間とロボットが共生し協働する世界の実現を念頭に、世界のロボットの叡智を集めて開催する競演会です。 WRSは、ロボットの活躍が期待されるさまざまな分野において、世界中から集結したチームがロボットの技術やアイディアを競う競技会「World Robot Challenge(WRC)」と、ロボット活用の現在と未来の姿を発信する展示会「World Robot Expo(WRE)」とで構成されています。 World Robot Summit ホームページより WRS 2018は、2020年に開催される本大会前のプレ大会という位置付けで、10月17日~10月21日に東京ビッグサイトで開催されました。 展示会会場:World Robot Expoに行ってみよう 出展者用入口にはドラえもんの姿が。スモールライトを持っていますね! ドラえもんは、World Robot Summitのサポートキャラクターを努めています。そのため、会場内の各地にはさまざまなひみつ道具を持ったドラえもんが展示されていました。 ブース内では、様々な企業がロボット技術を活用した展示を行っていました。 先進技術を利用した未来の二輪車のコンセプトモデルや、舞踊をするロボットなど、個性的かつバリュエーション豊かな展示が行われていました。 競技会:World Robot Challengeの会場へ! WRC会場では、ものづくり、サービス、インフラ・災害対応、ジュニアの4つのカテゴリーで計9つのロボット競技が実施。取材当日も各地で競技が行われていました。 開催競技は様々なものがあり、ユニークものでは、未来のコンビニエンスストアのためのトイレ掃除(フューチャーコンビニエンスストアチャレンジ)などがありました。 日々働いている私たちの負担を減らすのにも、ロボットの技術を活用することが期待されているんですね。 WRCの会場内を歩いていたら、アンキパンを持っているドラえもんに遭遇しました。こちらも早く実現してほしい! 物販スペースには、未来の翻訳機イリーが! WRC会場の近くにはショップコーナーが。せっかくなので少し立ち寄ってみましょう! ここには、ひみつ道具「ほんやくコンニャク」を持ったドラえもんがいました。 食べるだけでどんな言葉でも通じるようになる「ほんやくコンニャク」は、人気のひみつ道具ですよね。 店内ではドラえもん関連のグッズがずらり。Tシャツやトートバックなど、WRS限定の商品も販売されていましたが、その中に… 実は、弊社の翻訳機イリーも販売されています!しかもWRS限定の、ドラえもんパッケージのイリーです。 軽さ42gでありながら、最速0.2秒、インターネット接続不要のイリーは、まさしく未来の翻訳機。 海外旅行に持っていく欠かせないアイテムとして、是非イリーのご購入を検討ください!

使い方

翻訳機イリーの口コミを調査!皆様の疑問にお答えします

瞬間オフライン翻訳機ili(イリー)は、世界で5万人以上のお客様にご利用いただいている翻訳機。6月1日には、中目黒 蔦屋書店での販売がスタートし、これまでも各地の店舗や、オンラインストアで販売を行っています。 そんなイリーは、多くのお客様からご好評を頂いておりますが、今回はイリーの口コミについて、インターネット上のレビューやカスタマーサポート宛にお寄せ頂いたご意見やご質問の一部を抜粋し、ご回答します! 翻訳機イリーは、対応言語数が少ない? 確かに、日本版イリーの翻訳に対応している言語は英、中、韓の3言語です。一方、他社のデバイスには、50以上の言語に対応している製品もあります。では、何故このような違いが生まれるのでしょうか? それは、翻訳方法の違いにあります。他社の製品がインターネットに接続して、オンライン上から翻訳結果を導き出しているのに対して、イリーは小さな筐体の中に辞書機能を持ち、インターネット接続不要のオフラインで翻訳を行っているために、扱う言語が限られているのです。 そのため、イリーであればどこでも翻訳を行うことが可能ですし、オフラインのためスピードが速いという利点があります。 翻訳機イリーには、音量調整機能がない? イリーには、音量調整機能がありません。それはどうしてなのでしょうか? その理由は、イリーがとことん使いやすさを追求しているため。 これまでの実証実験の結果から、『旅行先で相手に意思を伝える』という目的においては、微妙な音量調整が求められる局面は、あまりないということがわかりました。 旅行先で相手に意思を伝えるという目的のために、無駄な機能を可能な限り削ぎ落とした結果が現在のイリーなのです。 翻訳機イリーには、防塵・防水機能がない? イリーには防塵、防水機能がありません。それは、イリーを重さ42g、長さ121.8mmという存在感を感じさせないコンパクトなサイズに収めるための この小さなサイズを実現するために、イリーの筐体内部は、パーツの配置ひとつひとつを極限まで洗練した無駄のない設計になっています。 もちろん、より高価な基盤やチップを搭載することで、これらの機能に対応することは可能かもしれませんが、現実的な価格では収まらなくなってしまいます。高性能を維持しながらも、お客様のお求めやすい価格を実現した結果が現在のイリーなのです。 イリーは、翻訳結果がわかりにくい? 心配ご無用!イリーには「認識再生機能」という便利な機能が備わっています。 翻訳後に下側のサイドボタンを押すことで、イリーが認識した日本語を再生する便利な機能です。 「認識再生機能」に関する詳細はこちらの記事もご確認下さい! イリーは、翻訳精度が低い? イリーは、「ワンフレーズの旅行会話に特化した機能」を持つ翻訳機です。そのため、商談等の専門的な会話には適していません。 イリーは、海外旅行専用のこだわりの辞書持った、旅行者のための特別な翻訳機。 旅行先できちんと効果を発揮することを目指して設計を行っています。 イリーのこだわりの辞書機能に関する詳細は、こちらのページをご覧下さい!

ニュース

全国のヨドバシカメラで翻訳機イリー販売中!新宿西口本店の売り場に行ってきました

全国23箇所に店舗を構える有名家電量販店、ヨドバシカメラ。 そんなヨドバシカメラの各店舗、およびECサイトヨドバシ.comにて、今年の8月末からiliの取り扱いが開始しているのを、皆さんはご存知でしょうか?(ili取扱店舗に関する詳細はこちらのページをご覧ください。) 今回は、『ヨドバシカメラ 新宿西口本店』にiliチームがお邪魔して、実際のili売り場の様子をお伝えするとともに、売り場担当者である小林さんにインタビューを行ってきました! ヨドバシカメラ 新宿西口本店に到着! ヨドバシカメラは、新宿エリアに複数店舗がありますが、特に本店がある新宿西口周辺には、ヨドバシカメラの様々な専門館がずらりと並んでいます。ここに来れば、お目当ての商品がきっと見つかりそうですね。 翻訳機イリーは、新宿西口本店マルチメディア館南館の2階、電子辞書コーナーで販売されています。早速売り場を覗いてみましょう! 早速イリー売り場をチェック! 南館の階段を登ってすぐの翻訳機コーナーの中に、イリーのディスプレイが展示してあります。 売り場担当者の方にインタビュー! ―翻訳機は、現在様々な会社から販売されていますが、お客様からの関心も高いですか? 小林さん: お客様の関心は非常に高いと思います。 私は電子辞書コーナーの担当ですが、一日のお問い合わせ量は電子辞書全般よりも翻訳機全般のほうが多いほどです。 ―イリーの販売にあたって、お客様から何か反響はございましたか? 小林さん: なんと言ってもオフラインで翻訳をしてくれるので、電波を気にせずに使う事が出来る所が魅力的というご意見を多く頂きます。 また、他社製品全般と異なりイリーだけが片方向翻訳であるため、「双方向じゃなくて大丈夫なの?」と質問されることが多いです。 双方向翻訳となると、相手にも操作方法をある程度理解してもらう必要があるため、スピーディーに旅行を楽しみたいというお客様にはイリーをおすすめしています。 ―ありがとうございました。 iliは、全国にあるヨドバシカメラのili取り扱い店舗や、ヨドバシ.comにて大好評発売中です。(ili取扱店舗に関する詳細はこちらのページをご覧ください。) また、イリーは、全国の販売店舗や、ili公式オンラインショップでも購入が可能となっております。 旅のお供に便利な翻訳機イリーのご購入を、ぜひご検討ください!

ニュース

『梅田 蔦屋書店』にてシュッフーすずみさんを招いた翻訳機イリーのイベントを開催!

瞬間オフライン翻訳機ili(イリー)は、9月16日~9月17日の二日間、『梅田 蔦屋書店』にて実演販売士のシュッフーすずみさんを招いたイベントを行いました。 当日は、弊社外国人スタッフが英会話講師役に扮し、シュッフーすずみさんと通販番組風の掛け合いを行い、『梅田 蔦屋書店』に訪れたお客様に楽しくイリーを体験していただきました。 イベントはおかげさまで大盛況!当日立ち寄られたお客様の中には、テレビCMでイリーを既にご存知の方や、イリーを既にご購入されている方もいらっしゃいました。 シュッフーすずみさん、『梅田 蔦屋書店』のスタッフの皆さん、ありがとうございました!

TIPS

今年こそ行きたい!台湾旅行の知っておきたい基礎知識と注意点をまとめました!

暑かった夏も終わりを迎え、すっかり秋の訪れを感じさせる気候となってきました。 そろそろこの時期から、考えはじめなければならないのが「年末の旅行計画」です。 これまで海外に行ったことがない方も、「今年こそは海外旅行!」と考えている方も多いのではないでしょうか。 そんな方々の旅行先に、是非おすすめしたい旅行地が『台湾』です。 台湾は、日本からも近く、はじめての海外旅行先として非常に魅力的な場所です。 『台北101』のそびえる近代的な台北の街を楽しむのもよし。九份の幻想的で美しい風景を眺めるのもよし。はたまた、観光スポットから外れたディープな台湾を楽しむもよし… 今回は、台湾旅行に行く前に是非とも知っておきたい基礎知識と注意点を調べてまとめてみました。皆さんのお役に立てば幸いです。 日本から台湾までの距離は? Google Mapの計算では、東京から台北までの直線距離は2102kmとのこと。なんとなく遠いということは伝わりましたが、これではいまいちピンと来ません。果たして台湾に行くにはどれくらいかかるのでしょうか? 羽田空港から台北松山空港までの渡航時間は、航空会社やその日の諸条件などによって変動しますが、概ね3時間30分~4時間ほど。海外旅行と考えると、比較的短い時間で行くことが出来ますね! ちなみに日本と台湾の時差はマイナス1時間。台湾の時刻は日本より1時間早く、日本の時刻が正午の場合、台湾の時刻は午前11時となります。これくらいの時間差であれば、時差ボケの心配は無さそうですね。 台湾の気候は? 台湾は、日本に比べると一年を通して温暖な気候です。特に夏場は熱く、台北では6月から10月までの最高気温が30度を越えます。 台南や高雄といった台湾南部では、気温が更に上回るので、夏場に南部に訪れるのはなかなかに根気が必要そうです。 実際に、弊社のとある社員は以前夏季に台湾南部に旅行に行った際、あまりの暑さから外出するのを諦め、一日中ホテルの部屋にこもって過ごしたという経験があるそうです。気候の対策には事前の準備と用意が必要ですね。 台湾の生活で注意したい点は? 台湾の水道水は、貯水タンクに貯められて日が経った水が使われていたり、水道管が老朽化している可能性があるため、飲まないほうが無難です。 また、台湾のトイレは、紙を流すと詰まってしまうので、利用した紙はゴミ箱に捨てる必要があります。公衆トイレではトイレットペーパーが無いこともあるので、気をつける必要がありますね。 その他、有事の時の緊急連絡先は、警察が110、消防・救急が119です。これは日本と同じなので、安心ですね。 台湾旅行で覚えておくべきルール・マナーは? 台湾では、電車のマナーが日本より厳しいことで知られています。 特に、電車のマナーは日本より厳しく、MRTと呼ばれる地下鉄やバスなどで飲食を行うと罰金を取られてしまいます。車内ではお茶を飲んだり、ガムを噛むのもNGなので注意が必要です。 その他、エスカレーターでは右側に立つという習慣があります。また、台湾では18歳からお酒を飲むことが認められています。 台湾の言葉は? 台湾では一般的に中国語が話されますが、台湾語や客家語、少数民族の言葉を主に話す方々が居ます。また、日本統治時代に義務教育を受けた人々など、日本語を喋れる人も居ます。 台湾で話される中国語は、台湾国語と呼ばれ、中国で話されるものと微妙に発音や語彙が異なる部分もありますが、イリーの翻訳する中国語(北京語)とは相互理解が可能です。 いかがでしたでしょうか? 台湾と日本は、同じアジアで距離的にも近い国同士ですが、いざ調査をしてみると様々な部分で違いがあることを知り、私自身大変驚きました。 海外旅行はとても楽しみなイベントですが、同時に危険も潜んでいることを忘れてはいけません。せっかくの旅行を台無しにしないためにも、旅先では細心の注意と警戒を怠らないことが重要です。皆さんも是非、海外旅行を通じて素敵な思い出を作ってください! 弊社では、海外旅行の役に立つツールとして、瞬間オフライン翻訳機イリー(ili)を開発・販売しています。最速0.2秒の音声翻訳は中国語にも対応しているので、台湾旅行の強い味方になります。 イリーに興味をお持ち頂いた方は、是非イリーを活用した家族旅行の体験記事もあわせてお読み下さると幸いです!

ストーリー

海外旅行好きのガジェットブロガーは、翻訳機イリーをどう感じたか?

瞬間オフライン翻訳機ili(イリー)を持って実際に海外旅行に行った人は、イリーをどのように感じたのでしょうか? 今回、モニターに参加いただいたブロガーの鳥羽 恒彰さんは、昨年12月に韓国旅行を体験。海外で実際にイリーを使ってみた感想やこれまでの旅行体験、海外旅行で使えるこだわりのグッズについて聞いてきました! 渡航経験は約40回 ―これまでの海外渡航経験を教えて下さい。 海外には学生時代によく行っていましたね。渡航回数はだいたい40回くらいでしょうか。 初めての海外旅行は、大学2年生の時に行った台湾です。 当時は学生でお金も無く、まだLCCも今ほどポピュラーではなかったので、色々な旅行会社に電話をして、少しでも安いチケットを探していました。 そこからは台湾をメインにしつつ、インドネシアやサイパン等のアジア圏を中心に各地を散策していました。中国にも3週間の短期留学に行っていたこともあります。 社会人になってからは、ミュンヘンに住んでいるロシア人の友達に誘われて、ビールを飲むためにオクトーバーフェスト期間中のドイツに遊びに行きました。 旅行自体は、現地に友達が居ることが多いので、入念な計画を建てて旅行するというよりかは、気軽な感じで行くことが多いですね。 不要なトラブルを避けたい時に、イリーが役に立つ ―昨年12月の韓国旅行はいかがでしたか? 今回は一泊二日という短い時間だったのですが、明洞の街を観光したり、ソウルタワーの夜景を眺めたり、韓国の秋葉原と呼ばれる龍山のガジェット街を訪れたりと、密度の濃い楽しい旅行になりました。これまで、自分は一人旅が多く、複数人でワイワイと旅行に行く機会があまりなかったので、その点も楽しかったです。 ―実際に韓国でイリーを使ってみてどのように感じましたか? 韓国の観光地では、日本語や英語が通じたりするところはあるのですが、それはあくまでお店の人に限ります。というのも、町中を歩いている一般の韓国の人は警戒心が強く、こちらが話しかけても逃げられてしまうということがありました。 そんな時、挨拶の言葉をあらかじめイリーに記憶させておいてから、イリーを使って声を掛けると、自国の言葉で情報を伝えられるので、話しかけた相手の対応が柔らかくなるように感じました。 また、説明しづらい状況を相手に伝えたい時に、イリーが役に立つケースがありました。 「ロープウェイに乗りたいけれど、三人分の代金をまとめて支払いたい」という状況を言語化して伝えるのは、英語でも難しいですよね。そういった、ニュアンスの違いでトラブルが起こりそうなことを伝える際に、イリーがあると便利だと感じました。 外国の人とのコミュニケーションは楽しい ―これまでの海外旅行での楽しかった経験を教えて下さい。 僕が海外に行く理由は、世界遺産を見たり買い物をするよりも、現地の人の生活やカルチャーを知りたいという部分が強いので、いわゆる「観光スポット」を巡るよりも、どちらかというと地元の人が集う場所に行って交流をしたり、現地の人々が使っている端末を知ることに楽しさを感じます。 そういう意味では、オークトーバーフェストのようなお祭りや現地の飲み屋さんに行って、外国の人とコミュニュケーションを取ることはとても楽しいですね。 また、以前大学のゼミ旅行でインドネシアに行ったのですが、その時にちょっと変わった面白い経験をしました。 自由時間に現地のガジェットショップに行きたかったのですが、一番近場のお店でも30分ほどかかることがわかり諦めかけていた矢先に、コワモテの人が乗っていそうな黒塗りの車の集団に声をかけられました。 そして、車に乗っていた女性にいきなり「君は私の元カレに似ている」と声をかけられました(笑)。「何をしてるの?」みたいな会話があったので、思い切ってガジェットショップに行きたいと伝えると、その人が車で連れて行ってくれました。結局、何も怖い思いをすることもなく終わって、その方とはそのままFacebookで友達になりました。 旅先で困るのはネットのトラブル ―旅先で何かトラブルに遭われたことはありますか? ネット回線の問題は、海外の何処に行っても割とよくあるトラブルです。 自分が今使っているスマートフォンはsimフリーではないので、海外旅行にモバイルルーターを持っていったのですが、今回の韓国旅行では設定がうまく行かず結果的に使えなかったので、友達の回線を借りることになってしまいました。 後は言語の問題です。英語が伝わる国ではそこまで困らないのですが、観光地からちょっと離れるとまるで会話が伝わらないという国は結構あります。 ハングルやタイ語、インドネシア語等は、文字から全く情報を掴めないですし、その上でネット通信の問題が加味されると、翻訳アプリも使えないので、なかなか厳しいものがありますね。 ガジェットブロガーのおすすめ旅行アイテムとは? ―ガジェットブロガーでもある鳥羽さんですが、旅を楽しむ上でのマストアイテム等はありますか? それから、普段からいつも持ち歩いているアンカーのモバイルバッテリーも持っていきます。このままコンセントに挿して充電をすることも出来るし、モバイルバッテリーにもなる優れものです。また、現地でSIMを買うことが多いので、SIMピンは持っていくことが多いです。 変わったものだと、Bluetoothスピーカーを持っていっています。 現地のテレビをつけても、何をやっているかわからない時もあるし、うるさく感じてしまうときがあるので、ホテルではBluetoothスピーカーで好きな音楽を聞きながら、ブログを書いたりします。 以前、サイパンに行った時にプライベートビーチがあったのですが、そこにあったブランコでくつろぎながら音楽を聞いて過ごしたのはとても心地が良かったですね。 その他、台湾や東南アジアでは、ホテルの部屋用の「蚊がいなくなるスプレー」や、虫除け、ムヒなどの対策グッズは必須です。 ―今後、旅先で使ってみたいガジェットはありますか? まだ持っていないのですが、海外でドローンを使ってみたいですね。ガジェットとして欲しいとずっと思っているのですが、日本では規制されていて満足に飛ばすことが出来ないので、海外で思いっきり使ってみたいです。 海外旅行ほど面白いアクティビティは他にない ―旅行者へのメッセージをお願いします。 日本は世界で60番目くらいの大きさの島国で、普段私たちはこの島国の中で発達したテクノロジーと文化だけで過ごしています。 そこから一歩、海外に飛び出してみると、目に入るものすべてが新しく、TV番組とかでやっているものよりも遥かにドラマチックな出来事が起こっていることに気付くはずです。 これまで海外旅行を経験したことがない人は、新しい発見をするためにも、一度海外旅行を経験してみるのは良いと思います。その際は出来れば決められた旅行プランをこなすのではなく、自分で宿を取ったりAirbnbなどを利用してみたほうがより深い体験になると思います。 スリ等の犯罪やトラブルに巻き込まれないようにさえ気をつければ、海外旅行ほど面白いアクティビティは他に無いのではないでしょうか。

ストーリー

フライト時のストレスを軽減!飛行機内に持ち込むと役に立つグッズ5選

海外旅行はとても楽しいですが、気になるのは機内での時間の過ごし方。映画を見たり、食事を楽しむことも出来ますが、長時間のフライトではどうしても疲れが溜まってしまいますよね。 機内でうまく時間を過ごすことが出来ないと、現地に着いた瞬間から疲れてしまい、体調を壊してその後の旅行にも響いてしまうかもしれません。 今回は、皆さんが旅行先での貴重な時間を無駄にしてしまうことがないように、機内を快適に過ごすために持ち込むと役に立つグッズご紹介します! 機内の湿気は砂漠級!?マスクで保湿しよう 機内では、湿度は20%以下まで低下します。これは、平均湿度が20%~25%と言われる砂漠を下回る数値です。 そのため脱水症状にならないように、多めの水分を取るように心がける必要がありますが、同時に重要なのは機内での乾燥対策です。 そんな時は、マスクがあると便利でしょう。マスクには保湿効果があるので、肌の乾燥を抑えてくれる役割があります。 また、マスクは感染症予防にも効果があるので、狭い空間で人間が密集する機内ではマスクが役に立ちます。 アイマスクで眼のストレスを軽減しよう! 機内では同じ姿勢を取る必要があり、体力的にも疲れてしまいがち。直時間のフライトでは目をつぶって休まりたい時や、眠りにつきたい時もありますよね。 そんな時は、アイマスクがあると便利です。 アイマスクは、機内の明かりから視界を遮ってくれるので、目へのストレスをやわらげることで、リラックス効果が期待出来ます。 耳栓でノイズをカット+気圧から身体を守ろう! 機内は騒がしい空間です。一度音が気になると、フライト中はずっと気になってしまいますよね。 そんなときは、耳栓があると役に立ちます。おすすめは「フランジタイプ」と呼ばれる形状の耳栓。機内での利用を目的としてデザインされた耳栓が各メーカーから発売されています。 また、航空機向けの耳栓は、離着陸時の急速な気圧の変化による「航空性中耳炎」という症状から身を守ってくれる役割もあります。せっかくの海外旅行ですから、移動中に身体を壊してしまうのは避けたいですよね! 首の痛みから解放!トラベル用の枕 機内で睡眠を取るのは重要です。しかし、ついうっかり不自然な姿勢で寝てしまうと、身体を痛めてしまう可能性があります。 そんな時は、機内にトラベル用の枕を持ち込むことがおすすめです。ドーナツ型のネックピローが有名ですが、現在では様々な形状の枕が販売されています。 中には機内に持ち込みやすいよう、エアクッション型のネックピローもあります。ご自身の用途にあったものを持ち込んで使ってみましょう。 困った時も安心!何処でも確実に使えるオフライン翻訳機 乗客同士のいざこざや、定員超過、Uターン…近年、航空機内でのトラブルがよくニュースになっています。もし突然自分が何らかのトラブルに巻き込まれたら、と思うと不安ですよね。 機内で乗務員に何かを頼みたい時や、困ったことがある場合に、どのように相手に伝えるかは重要です。 運良く日本語の対応が出来る乗務員が見つかると良いですが、見つからなかった場合や乗り合わせていない場合に、英語での意思疎通がニガテだと困ってしまいますよね。 そんな時、瞬間翻訳機イリー(ili)があれば、スマートに相手に意図を伝えることが出来ます。 しかも、イリーはインターネット接続の必要がないオフライン翻訳機。機内でWi-Fi等の余計な設定をする必要がなく、困った時に即座に使うことが出来ます。 いかがでしたか? 機内で上手に時間を過ごして、旅先で思いっきり楽しみましょう! なお、機内に持ち込める荷物には詳細な制限があるので、渡航前に一度ご利用になる航空会社のページをお調べになってくださいね! お土産などで買った思わぬものが引っかかってしまうケースもあるので、特に液体物の持ち込みには要注意です。せっかく買った品物が没収されてしまったら悲しいですからね。 それでは、楽しい海外旅行をお過ごしください!

ストーリー

翻訳機イリーを持って人生初の海外旅行。日本語しか喋れなくても楽しめた!

瞬間オフライン翻訳機ili(イリー)を持って実際に海外旅行に行った人は、イリーをどのように感じたのでしょうか? 今回、モニターに参加いただいたYUTOさんは、先日イリーを持って台湾旅行を体験されました。海外で実際にイリーを使った方の生の声を皆さんにお届けします! 初めての海外旅行を楽しく過ごせた ―イリーを持って出発した台湾旅行の感想をお聞かせ下さい。 今回は「台湾の『美しい』を探す旅」と題し、3泊4日の滞在で、美しい風景や現地のグルメを写真に収める旅行を行いました。 一時間に一本くらいしかバスが来ない台湾の田舎を旅したり、九份の近くにある基隆山という山を登って、そこで現地の人と仲良くなって一緒にご飯に行ったり…私自身、今回が初めての海外旅行だったのですが、様々な体験を通じて、楽しい海外旅行を過ごすことが出来ました。 SIMが無い状況でも使えるイリーの強みを感じた ―イリーはどのようなタイミングで役に立ちましたか? 私自身、日本語しか喋れないのですが、渡航前に周囲の人から、台湾は意外と日本語が通じるという話を聞いていて安心していました。しかしながら、実際現地では余り日本語が通じなかったので、イリーは空港の時点からかなり活躍しました。 また、インターネット環境を確保するために、携帯のプリペイドSIMを買ったのですが、設定に問題がありうまくネットに繋がらなかった時に、イリーを使うことで店員さんに問題を解決してもらうことが出来ました。 プリペイドSIMを使えないと、インターネット環境が確保できず困ってしまいますが、オフラインで翻訳が出来るイリーはインターネット接続が無い状況でも使えるので、非常に強みを感じました。 それ以外にも、現地の人とコミュニケーションを取る期間は結構あり、その際にもイリーが活躍し、旅先では欠かせない存在となりました。 旅行先で写真を撮る時のポイント ―記事では素敵な旅行写真が多数掲載されていました。写真へのこだわりを教えて下さい。 写真を撮る際は、まず第一に構図を意識しています。構図は後からいじっても変えられない部分なので重要です。 また、人物を撮る時は、目線の向きや顔の角度を重視しています。特に女性を撮る時は、撮られたくない角度はないかを事前に確認するようにしています。 レタッチは、派手ではなく落ち着いた感じにします。どこか懐かしい感じのするレタッチが好きです。 今回の旅行では、一眼カメラの他に三脚も持っていきました。 海外との壁が無くなったのを感じた ―海外旅行を考えている方にメッセージをお願いします。 これまで海外旅行に行ったことがない人の中には、心のどこかで「海外旅行に行きたい」と考えているのに、行く前にいろいろと考えてしまって、外国との壁を感じてしまい、次第に行こうと思う気持ちが無くなってしまった人も多く居ると思います。 かくいう自分自身もそうでした。インスタグラムで海外の風景写真を見ては、自分も撮ってみたい!と感じるのに、英語の喋れない自分では、海外に行ったとしても奥深いところまでは行けないんじゃないか、と思っていました。 しかしながら、今回実際に一人で海外旅行に行って、様々なところに出向き、色々な体験をした結果、自分と海外との壁が無くなったのを感じました。 単に「行きたいな」という気持ちで終わるのではなく、実際に行ってみることが重要だと身にしみてわかりました。 将来は是非、トルコ・カッパドキアのバルーンを撮りたいです。世界中の風景を写真に収められればと思います。

ストーリー

台湾で軍事演習に遭遇!?翻訳機イリーとの海外旅行で人々の優しさに触れた

瞬間オフライン翻訳機ili(イリー)を持って実際に海外旅行に行った人は、イリーをどのように感じたのでしょうか? 今回、モニターに参加いただいたチヒロさんは、先日イリーを持って台湾旅行を体験されました。海外で実際にイリーを使った方の生の声を皆さんにお届けします! 関わった人たちが皆優しかった ―イリーを持って出発した台湾旅行の感想をお聞かせ下さい。 今回の台湾旅行は、『台湾の日常をのぞく旅』と題し、台湾の人々の暮らしやごはんを知り、楽しむことが出来ました。 道中では、沢山の方々の優しさに触れました。 初日に出先からホテルに戻ろうとした時、地下鉄に乗ったのですが、乗っているうちに不安になって、電車内で近くにいた人に、「このホテルに帰りたいんですけど、合っていますか?」と声をかけたら、「駅まで一緒だから、私についてくれば大丈夫」という感じに伝えてくれて、とても助かりました。 降りた後も、ホテルに一番近い出口を一生懸命探してくれたり、ホテルに電話してくれたり…わざわざそこまで親切にしてくれたことに感激しましたね。 また、『華山1914文創園区』という、酒工場の跡地をリノベーションした施設に行った時に、ちまきを食べてる家族にイリーで聞いたら「ひとくち食べてみなよ!」みたいな感じで、ちまきをぐいぐいスプーンで差し出されました。一瞬大丈夫かなあ、と思ったんですけど(笑)信頼出来る感じの方だったので頂いたら、その方からパンとライチも頂いてしまいました。 とにかく旅先で関わった人たちが皆優しくて、毎日泣きそうになるほど心温まる旅行になりました。 イリーは会話の火付け役としても便利 ―ご旅行中に、実際にイリーを使ってみた感想を教えて下さい。 イリーの翻訳スピードの早さが、使ってみて一番凄いと感じた点です。 スマホで翻訳をする場合、入力する手間や電波状況によってタイムロスがありますが、イリーはそれが全くなく、そのまま会話をしている時のようなスピードで翻訳が出来たのは驚きでした。時間のロスが無い分、相手もイリーを違和感なく受け止めてくれました。 おすすめのお店を聞く時など、はじめましての人とコミュニケーションを取る時に、イリーがあると場が盛り上がるので、会話の火付け役として使うと、相手との距離を一気に縮められると思います。 ―今回の旅行で、何か困ったことやトラブル等はありましたか? 旅行最終日、フライトまで少し時間があったので、ゲストハウスから外に遊びに行っていたのですが、帰るためにゲストハウスに戻った頃、急に街中にサイレンが鳴り出しました。 どうやら、その日は軍事訓練があったらしく、街中から車も人も居なくなってしまい、ゲストハウスからタクシーで空港へ向かうことが出来なくなってしまい、ちょっとしたパニックになってしまいました。 そんな時、ホテルの方にイリーを使って現在の状況と、空港に行きたい旨を伝えたところ、これが軍事訓練であるという説明と、30分後に終わるのでその後にタクシーを呼ぶということを伝えてもらい、非常に助かりました。 英語の通じない国は意外と多い ―これまでの旅行経験で、言葉の問題で困ったことはありますか? これまで海外旅行には5、6回行ったことがあるのですが、以前、新婚旅行でスペインに行った時に、現地の方々に本当に英語が通じなくてびっくりしました。 わたしは英語があまり得意ではありませんが、簡単な旅行英語であればなんとなく喋れるので大丈夫ではないかと思っていたのですが、スペインでは基本スペイン語か一部でのフランス語しか通じずに困ることがありました。 新婚旅行だったので、空港からホテルへの送迎用に素敵な車を用意していたのですが、その運転手さんも英語が全然喋れずに、不安になったのを覚えています。 ―あなたが海外旅行に持っていくマストアイテムを教えて下さい。 わたしはアロマオイルが好きなので、海外旅行先にもお気に入りのものを持っていくのですが、スプレータイプの物は飛行機に乗せられないので、持っていける形の物を選んでいます。 旅行で新しい環境に行くことは好きですが、環境に馴染むまではどうしても緊張してしまうので、こういった普段の生活と変わらないものを持っていくようにしています。 知らない世界を見ることが出来ないのは勿体無い ―これから海外旅行を計画している人にメッセージをお願いします。 5年前に一人でフィンランドに行ったことがあるのですが、久しぶりに友達と会うと、未だにその時のことを言われることがあります。 それくらい、海外旅行はインパクトの大きい出来事に思われがちですが、実際に行ってみればなんとかなるし、行かないことで自分の知らない世界を見ることが出来ないのは勿体無いことのように感じます。 台湾のような近場であれば、時間もそれほど気にせずに行けるので、興味のある方は是非、海外旅行に行ってみてほしいです。 わたしの次の海外旅行は、パリに行きたいです。初めての海外旅行はパリだったのですが、その時は有名な観光地を中心に巡っていたので、今度は観光地ではない部分のパリを巡ってみたいです。