株式会社ログバー(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:吉田 卓郎、以下、ログバー)は、大好評の「ili インバウンド」と、新型の接客専用オフライン翻訳機「ili PRO(イリー プロ)」が、株式会社エアポートトレーディングが沖縄県那覇空港内に展開するギフトショップ全店に、接客ツールとして導入されたことをお知らせいたします。

株式会社ログバーが運営する多言語対応接客販促サービス『ili インバウンド』とインターネット不要の翻訳機『ili PRO』は、2018年10月の本契約受付以降、インバウンド対策を行う多くの事業者様にご好評をいただいております。

『ili インバウンド』サービスでは、『ili PRO』のほかに、クラウド上で複雑な説明を『ili PRO』の辞書に登録し、説明時間を短縮することができる『ili ショートカット』や、翻訳機では対応不可であったり、迅速な対応が必要な場合に使える『電話通訳サービス』といった様々なソリューションを用意しており、プロの接客の現場で、皆様に満足してお使いいただける翻訳機サービスを提供しています。

エアポートトレーディングが運営する那覇空港内の土産物店に『ili PRO』が導入!

そしてこの度、株式会社エアポートトレーディングが沖縄県那覇市・那覇空港内にて展開するお土産物店に、「ili インバウンド」サービスと「ili PRO」が導入されることとなりました。

iliを実際に使われているスタッフの方にお話を伺いました。

―エアポートトレーディング様は、なぜ『ili インバウンド』の導入を行ったのですか。

那覇空港内のお土産店には、外国から訪れたお客様が数多くいらっしゃいます。
そうしたお客様に対し、翻訳機をつかって、商品の魅力をよりお伝えし、お客様に満足のいくお買い物体験をしていただくために、翻訳機『ili PRO』と『ili インバウンド』を導入することとなりました。

―『ili PRO』を用いて、現場ではどのようなフレーズを翻訳してお客様に話しかけていますか?

お客様の購買を促進するためのフレーズとして、「こちらは他店舗では扱ってません。 」「この商品は空港限定です。」などといった言葉をよく使い、お客様に話しかけています。

―『ili インバウンド』の導入によって、お店にはどのようなメリットがありましたか。

相手にうまく伝わることで、お客様と笑顔で会話ができ、良好なコミニケーションがとれるため、より気持ちのよいサービスの提供に繋がっていると考えております。
外国からのお客様に、『ili PRO』を使った接客を行ったことで、10点以上のお土産の購入に至ったという事例もあり、『ili インバウンド』の導入には大変満足しております。

―ありがとうございました。

『ili インバウンド』と『ili PRO』とは?無料体験キャンペーンのお知らせ

法人向けサービス『ili PRO(イリー プロ)』は、「2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会小売プロジェクトチーム」認定の、接客の現場に特化した、インターネット不要でお使いいただけるオフライン翻訳機です。

現在、翻訳機・翻訳アプリは様々な会社から発表・発売されています。しかしながら、その多くは一般のお客様向けのご利用を想定してデザインされており、“プロ”の現場におけるニーズに応えるものではありませんでした。

そこで、『ili PRO』は、接客向けに特化した翻訳辞書を搭載。また、第二世代翻訳エンジンの搭載により、インターネット不要でオンライン翻訳機並みの翻訳精度を実現。電波やインターネット環境に左右されず、最速0.2秒で高速に翻訳を行うことが可能です。

さらに、『ili インバウンド』サービスをご利用いただくことで、従来の翻訳機では不可能だった、商品名などの「固有名詞」や、複雑な言い回しを省略することができる「ショートカット」の登録をインターネット上で行える辞書カスタマイズ機能『ili クラウド』や、翻訳機では対応不可な緊急時や迅速な対応が求められる場合に使える『電話通訳サービス』をお使いいただくことができます。

『ili PRO』と『ili インバウンド』は、プロの接客の現場で、確実にご活用いただける翻訳機サービスです。

『ili PRO』のご利用には、『ili インバウンド』サービスへの加入が必要です。現在、『ili インバウンド』サービスは無料体験キャンペーンを実施中です。

ぜひ、この機会に『ili PRO』と『ili インバウンド』サービスをご体験ください。

無料体験、および「ili インバウンド」サービスに関する詳細につきましては、『ili インバウンド』 公式ページをご確認ください。