近年外国人観光客が増加した理由とは?事業者に求められる対応を解説

未分類

「最近、外国からのお客様が多いな…」 と感じている方は多いのではないでしょうか? 2017年、外国人観光客は約2,869万人を突破しました。これには円安や、LCCの発達による旅行代金の低下が絡んでいます。 とはいえ、具体的な理由や外国人の行動パターンなどは、なかなかイメージしにくいですよね。 そこで今回は、 ・外国人観光客の増加理由 ・外国人の行動パターンや消費場所 ・外国人へのインバウンド対策 を解説します。 まずはなぜ外国人が日本を訪れるのか、ざっくりと理解しましょう。 2017年、外国人観光客は約2,869万人まで増加 日本政府観光局(JNTO)の「訪日外客数」のデータ(リンク先pdf)によると、2017年の外国人観光客の数は、約2,869万人にものぼります。 中でも、 ・中国:約735万人 ・韓国:約714万人 ・台湾:約456万人 とアジアの観光客がトップを独占。 そして2018年10月には、すでに約2,610万以上の外国人が日本を訪れています。 JTB総合研究所の調査によると、特に以下の地域からの伸び率が高まっています。 ・ベトナム:21.4% ・イタリア:20.3% ・ロシア:15.9% 日本政府の目標は「東京オリンピック開催までに約4,000万人の訪日外国人を呼び込むこと」。そのためこれからも、訪日外国人の数はさらに増えることが予想されます。 この増加には、3つの理由があります。 外国人の観光客が増加した理由1:円安 円安により、今までより安い旅費で訪日旅行が実現しています。 例えば米ドルは、以下のように変化しています。 ・2010年:1ドル=平均86円 ・2017年:1ドル=平均113円 2014年頃から円が下落し、今までの3分の2の費用で旅行できるケースもあります。 外国人の観光客が増加した理由2:ビザの緩和 外務省は特定の国に対して「ビザ緩和」を実施しています。 何回でも出入国を許可する「数次ビザ」を、経済力のある中国人に発行。また短期滞在が目的のロシア人にも、ビザを緩和するなどしています。 外国人の観光客が増加した理由3:LCCの発達 近年、ピーチやエアアジアなどの格安航空会社が発達しています。これらはLCC(ローコストキャリア)といい、通常の5〜8割ほどの値段で航空券が購入できます。 これらの3つによって、日本への旅費が大幅にダウン。またその他にも、政府の「ビジット・ジャパン・キャンペーン」や、東京オリンピックなどによる日本への関心が高まっていることも要因です。 外国人観光客の行動パターン3つ 増加した外国人の行動パターンには、以下3つの特徴があります。 ・ゴールデンルート ・FIT ・リピーター 1つずつ解説しますね。 ゴールデンルート ゴールデンルートは、外国人の旅行の定番ルートです。東京、箱根、名古屋、大阪、京都の5つを一度に旅行します。 FIT FITとは、友達や家族と個人で旅行を手配する観光客です。 今まで外国人観光客は、ツアーで訪れる団体客が中心でした。しかし、SNSやインターネットが発達したことで、情報が簡単に手に入るように。個人で旅行するハードルが下がっています。 訪日旅行のリピート アジアからの観光客は、リピーターが少なくありません。 観光庁による訪日外国人の消費動向データ(リンク先pdf)によると、以下の国では2回以上の訪日経験のある人が、半数を占めています。 ・韓国 ・台湾 ・香港 このようにゴールデンルートで定番の観光地をまわった後、FITとして何度も日本をリピートする人が多いです。 コト消費を求める外国人観光客が増加 […]

翻訳機の導入でお客様にプラスワンの体験を。キットカットショコラトリーにili PROが導入

導入事例

大人から子どもまで、幅広い世代に愛されている定番のチョコレート菓子『キットカット』。その新しい魅力を発信する、世界初のキットカット専門店が、『キットカット ショコラトリー』です。 専門家によるこだわりのチョコレートを提供するこのお店にも、「ili インバウンド」サービスが導入されています。

翻訳機の導入で売上が1.5倍に!青果店の接客にili PROが選ばれたワケ

導入事例

江東区亀戸にある地元で人気の青果店、『栗田青果 亀戸店』。 新鮮な野菜やフルーツを販売しているこのお店も、外国人のお客様への接客用に「ili インバウンド」サービスを導入している店舗のひとつです。 今回は、有限会社 栗田青果 亀戸店 店長の三浦 和博さんにお話を伺いました。

『インバウンド・観光ビジネス展2018』にili インバウンドを運営するログバーが出展

ニュース

接客用オフライン翻訳機ili PROと、翻訳辞書のカスタマイズ・電話通訳がセットになった法人向けサービス『ili インバウンド』を運営する株式会社ログバーは、9月20日・9月21日に東京ビッグサイト東6ホールで開催された『インバウンド・観光ビジネス総合展2018』に出展しました。

中国人・台湾人が感じる、日本の宿泊施設の接客のダメな点とは?

特集記事

近年、増加を見せ続ける訪日外国人観光客。とりわけ、中華圏(中国語を主として話す地域)からの観光客は増え続けています。 その中でも、彼らのほとんどが旅行の拠点として利用する宿泊施設では、インバウンド対策は急務であると考えられており、実際に我々のもとにも、宿泊施設を運営される方々からの多数の問い合わせがありました。 そこで、今回我々は、日本在住の中国人・台湾人の方に、宿泊施設を利用した際に感じたことや、中華圏の人々が宿泊施設を利用した際に困ることについて、お話を伺ってきました。

To the top